目下のクマをどうにかしたい・・・

 

「あ〜今日も目の下にクマがある・・・」

 

朝からテンションダダ下がりですよね?

 

そんなあなたのために、クマ対策で美白を目指す!アイクリームをご紹介します!

 

※トライアル&返金保証ありのクリームもあります

 

ハリを取り戻したい!アイクリームおすすめランキング!

 

 

アイキララ

 

アイキララ

 

  • 返金保証:25日以内
  • 内容量:10g(※1か月分)
  • 定期:2,682円
  • 単品:2,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のクマが気になる人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人
  • 肌の弱い人

 

アイキララは着色料、保存料、防腐剤フリーで、天然のやさしい成分を使っています。

 

また、使ってみて肌に合わない場合、全額返金保証もあるため、安心です。

 

 

デメリットは?

 

ゆうパケットでポストへ投函してくれますが、181円の送料がかかります。

 

また、アイキララにはレチノールは配合されていません

 

 

【公式サイト】
→https://www.eyekirara.com/

 

 

 

ビーグレン トータルリペアアイセラム

 

目元ケア

 

  • 返金保証:365日以内
  • 内容量:15g(※1週間トライアル)
  • トライアル:1,800円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のしわ・たるみに不満がある人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • トライアルで試してみたい人
  • 保湿力を重視している人

 

 

ビーグレンは365日の全額返金保証を打ち出すほど、自社の商品に自信があるメーカーです。

 

アイクリームを使って初めて実感できた!という口コミもあるほど人気があります。

 

デメリットは?

 

トライアルは安いですが、本品のセットは約12000円するため、やや高額です。

 

 

※ビーグレンはハイドロキノン配合の化粧品です。

 

【↓↓↓公式サイト↓↓↓】
目元ケア

 

 

アテニア アイ エクストラ セラム

 



 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:14日間セット

    アイエクストラセラム15g
    エイジングケアラインドレスリフト 14日セット
    目元のツボシート

  • 初回:3,291円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のくぼみ・小じわ・たるみが気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • そこそこのリーズナブルをクリームがいい人
  • 乾燥が気になる人

 

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

【↓↓公式サイト↓↓】
目もとの悩みに1本で立ち向かう「アテニア アイ エクストラ セラム」

 

MUNOAGE リペアアイクリーム

 



 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:10日間お試し
  • 初回お試し:1620円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目の周りの皮膚が薄く・乾燥が気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • 無添加のアイクリームがいい人

 

MUNOAGE リペアアイクリームは”シワ治療の認定指導医”との共同開発した目元用のクリームです。

 

また、通常価格は2160円なので、アイクリームの中ではお手軽といえます。

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

【公式】>>MUNOAGEスターターキット
はこちら

 

 

目の周りの悩み

 

クマのぬいぐるみ

 

 

茶グマができる原因と

 

目の下にできた茶グマは小さなシミの集合体です。シミができてしまう原因として、外的刺激を多く受けていることが挙げられます。具体的には顔を洗う時に強くこすってしまったり、メイクをする時の刺激を与えていたり、紫外線を浴びることでもダメージは蓄積されます。日頃から目をこする癖のある人も注意が必要であり、数回なら問題は無くてもずっと続けていると段々と影響が現れ始めます。また、肌が乾燥して細胞の働きが鈍くなり、ターンオーバーが乱れることでもリスクは高まります。若いうちは日差しを浴びてもシミができなかったのに年齢を重ねると共にシミができやすくなるのは、老化で水分を蓄えておく働きが弱くなって乾燥が容易に引き起こされるようになり肌細胞が衰えてくるためです。それ以外にも合わない化粧品を使うことで負担になってメラニン色素が増えてしまいます。メラニン色素は日々生成されているものですが、生成量が多くなり過ぎると排出が追いつかなくなってシミになりますので、なるべく負担を与えないようにしなければなりません。茶グマができていると老けた印象になりますし、いつも寝不足に見えてしまいますので、気付いたら早めの対処が重要です。

 

 

 

目の周りのたるみの原因

 

目の周りのたるみに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。目の周りのたるみの原因としては、加齢によるセラミドやコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンの減少、スキンケア不足による肌の乾燥、表情筋の衰えなどがあります。目の周りのたるみの悩みは年齢を重ねるにつれてどんどん深刻化していきますので、早めに対策を講じることが大切です。具体的な対策方法としては、加齢により不足しがちなセラミドやコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンをサプリで補給する、保湿ケアを徹底して角質のバリア機能を高めてターンオーバーを促進させる、マッサージで血行を促進させる、美顔器で表情筋を刺激するなどがあります。その中でもとくにおすすめなのが美顔器の使用です。日頃のスキンケアにプラスするだけでサロンのフェイシャルエステ並みの高い美肌効果やリフトアップ効果が期待できます。美顔器には様々な機能があります。肌を温めて血行を促進させる効果、表情筋にアプローチして筋力をアップさせる効果、化粧品に含まれる美容成分を肌の奥深くまで行き渡らせる効果、マッサージ効果などがそれにあたります。積極的な対策に努めて目の周りのたるみをなくし、ハリやツヤや弾力やうるおいに満ちた美しい目元に導きましょう。

 

黒クマが目の下にできる原因は?

 

目の下に黒クマができてしまう原因としてまず挙げられるのは目の周りの血行不良です。目の周りの血行が悪くなることでたるみができやすくなり黒クマに繋がってしまいます。また、目の周りの筋力の低下や紫外線によるダメージなどによってもたるみができやすくなっていますので、それが黒クマの原因となることもありますので注意が必要です。他には体内のコラーゲンやヒアルロン酸が不足してしまうことも原因として挙げられます。体調不良や栄養の摂取不足などによって体内のコラーゲンやヒアルロン酸が不足してしまうこともたるみが起こってしまう原因の一つです。

 

たるみ以外の原因としては、加齢によって眼窩脂肪が飛び出すことによって黒クマができてしまうケースもあります。眼球を保護する眼窩脂肪が加齢によって前方に飛び出すことにより目の下に膨らみができ、その膨らみによってが影ができてしまい黒クマに見えてしまうわけです。このような場合は老化によるものなので改善することは難しいですが、たるみが原因となっている場合は血行を促進する為に目の周りのマッサージを行い、顔に紫外線を浴びることを極力避け、食事や睡眠等の生活習慣を見直すことで黒クマを改善することができます。

 

青クマが目の下にできる理由

 

目の下にできてしまったクマは、顔全体の印象が暗くなってしまうだけでなく、実際の年齢よりも老けて見えてしまう原因となり、不健康そうなイメージを与えることにもつながってしまいます。

 

なぜ目の下にクマができてしまうのかというと、睡眠不足や疲労の他に、目の周りの血行不良も原因として考えられます。目元の皮膚は他の部分と比較すると薄く、皮膚の下にある血管が透けて見えてしまいます

 

。血行不良によって血管を流れる血液が黒ずんでしまっている場合、それが透けて見えることでクマとなって表面に出てしまいます。

 

目の下のクマといっても、青クマ、茶クマ、黒クマと3つの種類に分けられ、クマが発生する原因によって異なります。

 

青クマができる理由として目の周りの血行不良によって発生し、眼精疲労やストレス、冷えなどが血行不良を引き起こしてしまうと考えられています。

 

夏の暑い季節はクマができてしまう人が40%弱に対して、冬の寒い季節には80%を超えるという結果が出ているそうで、体の冷えによって青クマができてしまうことがよくわかります。

 

また冷えのみならず、外気の乾燥も青クマの原因となるようで、体を冷やさないように注意し、血行を改善させるために目元のマッサージを取り入れることが有効といえます。

 

 

 

化粧品のQ&A

 

ハイドロキノン配合の化粧品@メリット・デメリットを解説

 

ハイドロキノンには肌を白くする効果が大きく期待されます。
肌をターンオーバーさせる力が強く、用法をしっかり守れば、最強の美白アイテムになります。

 

ハイドロキノン配合の化粧品には上記のように美白に導くという最大のメリットがありますが、使用方法が難しい、扱いづらいなどといういデメリットもあります。

 

ハイドロキノンは確かにシミ・そばかすなどをどんどん薄くしてしまう力が強いです。

 

ですが、強い成分なので、毎朝、毎晩のケアに使ってしまうと、肌が過剰に敏感になり、冬の弱い紫外線でも真っ赤になってしまったり、逆にシミがひどくなってしまったりしてしまいます。

 

しっかりと時間をかけてゆっくりじっくり用法を守って使用できる方にはかなりオススメの成分なのですが、朝や夜のケアは短く済ませたい、朝と夜で違うケアをするのは面倒だ、という方には全くおすすめできません。

 

化粧品にどれだけの量が配合されているかは、その化粧メーカーによって異なってくるので、使用するもので程度は変わってきますが、基本は取扱が簡単な成分ではありません。

 

なので使用する際は自分の肌にちゃんと合うものなのか、使い続けても問題ないかをしっかりと自分で試せる期間を設けるようにしたほうが良いでしょう。

 

 

 

目の疲れ!!よくある原因をご紹介!

 

目の疲れは、目の酷使や目の乾きがよくある原因とされています。

 

 

具体的には、目の酷使に関しては長時間のパソコン作業や手先の細かな作業、メガネやコンタクトレンズの度が合っていない、老眼などがあり、目の乾きに関しては、目が渇くことで必要以上に負担がかかることで疲れを引き起こします。

 

 

起こる原因にはVDT(Visual Display Terminal)と呼ばれるストレスとの関係も指摘されています。

 

パソコンなどのディスプレイを長時間見続けた場合では目の酷使の他に、画面を凝視するためにまばたきの回数が減り、目が渇いた状態になり疲れやすくなります。

 

VDTストレスは必要以上に目を酷使することで命名されており、避けるには適度に目を休めることが大切になります。

 

目の疲れは、医療面から見た場合には目のピント調整機能の低下・老眼、近視・遠視・乱視・不同視、ドライアイ、目や身体の病気の4つが主な原因として捉えられています。

 

例えば、近視・遠視・乱視はまとめて屈折異常と診断され、不同視は左右の視力が大きく異なる屈折異常の1つの症例となります。

 

度数の合わないメガネやコンタクトレンズを使うことで、目がピントを合わせようと無理をすることから疲れを感じることになります。

 

目の疲れで注意が必要なのに乾きがあります。通常、軽く考えられがちですがドライアイは眼球の角膜や結膜が乾燥する病気であり、眼精疲労を伴うことも多く注意が必要です。